忍者ブログ
発光時計の紹介 通販 販売 情報 ルミノックス・ナイト・BALLウォッチやトリチウムガスを利用した発光時計専門です。

こんにちは! 発光時計 ナビへようこそ。

発光時計は暗闇でまるで生き物のように、発光する時計です。

光る時計の仕組みには蛍光、蓄光、そして発光時計があります。蛍光と蓄光は外からのエネルギーを蓄えて一定時間放出するという仕組みであるため、光を放つ時間に限りがあります。しかし、発光時計は化学反応に よって発光しているため、途中で減光することがありません。光が持続するために、暗闇でもいつでも見たい時に見える。私は寝ているときにも時計をはめているのですが、暗闇でもすぐに時間が見たい時に、蓄光の時計 では判別ができなかったり、電気的にスイッチをおすタイプは押す場所を間違えたりいらいらする!!!時には時間を読み間違えてしまうこともあります。そこに「発光時計」が現れました。

発光時計の多くはトリチウムというガスを使用する自己発光システムであるため、常に発行状態であり、それが、なんと25年間にも及ぶという長寿命を実現しています。必要な時に見るために何か「作動」をさせる必要が ないため、暗闇でもすぐに視認できることから、特殊部隊などでの利用が増えています。大好きな発光時計をご紹介したいと思います。

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自己発光時計を体験してみようというのであれば廉価の発光時計のおすすめ

はスミス&ウエッソンのSWW-12T-N Soldier Tritium H3です。

下の写真はちょっとぼけていますが、現物はぼけていません・・・・・・・

トリチウム発光は明るい部屋・昼間は発光しているかどうか認識

することはできません。






下の写真が、真っ暗闇の自己発光時計の状態。

こちらもぼけてしまいましたが、現物はぼけていません

長針・短針と四隅の時間表示の印が発光します。

寝ぼけ眼で一瞬で時間を判断するには時間表示のところが発光してくれ

るタイプが良いのですが、どのメーカーの発光・トリチウム時計も数字

そのものが発光するタイプがなかなかありません。

せめて・長針・短針と時間表示印の色を区別してあること。

12時部分の色が他の時間部分の印と違う色であることが望ましい

です。スミス&ウエッソンのSWW-12T-N Soldier Tritium H3は長針・短針

と時間表示印の色が分かれているので認識しやすく、12時部分は他の時間

と違って2本ラインになっていますので時間を把握しやすいので〇です。





こちらは真っ暗闇で離れて撮影したところです。

暗闇でも自己発光しているので

時計がどこにあるかがすぐにわかります。



ちなみにこちららはタイメックスの時計

インディグロというバックライト・ボタンを押すと数秒間

点灯する仕組み・明るいのですが暗闇でボタンを押すと

間違えて・ストップウォッチのボタンを押してしまったりすることがある

のでやはり自己発光時計のいつでも点灯・発光しているというのは

大きなメリットです。



スミス&ウェッソンの時計はすべてがトリチウム発光時計では
なく一部の様です。


PR
 ルミノックスはクオーツ時計ですが、この時計は唯一名機バルジューを
搭載したメカニカルウォッチです。

ルミノックスの発光システムはそのままに、メカニカルウォッチの流れる
ような秒針が発光システムで味わえます。

世界限定777本です。
売り切れ必至。


 

売りきれる前に!!ロッキード社ブラックバードSR-71BLACKBIRD
2つの時計を備えたルミノックスの発光時計。値段は張りますが

他シリーズよりもスマートなデザインでお勧めな1本



 暗闇で見える時計には光を蓄える蓄光時計と発光時計に分かれます
蓄光時計は段々輝度が下がってきて最終的には見えなくなってしまいます。

発光時計はトリチウムがスの力により輝度・時間ともに劣えません。
(25年間は・・・・)

そして開発されたのがN夜光ルミノーバというものです。
蓄光時計の欠点である、光を放つ時間と輝度を大幅に改善したもの。

しかし、あくまで蓄光であるのでずーっと光っているわけではない。
見たいときに見えないといういらだたしさ。

やはり自発光のトリチウムガスが封入されている時計にはかなわない。
トリチウムはガスに封入されるため、デザイン上に制限がされる。

一方蓄光は塗料であるので、塗ればいいい。そういう点から利用される
のだろう。

塗料で自発光する物が開発されないだろうか?


次のページ >>

  • SEOブログパーツ
BBS7.COM
MENURNDNEXT
忍者ブログ [PR]携帯電話 転職サイト